安全な住まい、安心できる暮らしを提供する

TOKYO住まいと暮らしの相談センター

代表 あいさつ

少子化や人口減少化が進み、都市部では空き家・空き地現象が顕在化している中、 国土交通省主催による平成28年度 住宅ストック維持・向上促進事業(良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業)の補助事業への参画者を募る一般募集が実施され、この募集に応募した結果「TOKYO住まいと暮らしの相談センター協議会」(以下TSKという。)が採択されました。

 

TSKは、建築や不動産が不良資産とならぬように地域特性や敷地特性を徹底調査し、その地域を利用する人々の生活全体の魅力向上に資するために立ち上がったワンストップ機能を有する組織です。
TSKの新規性としては、土地・建物の評価対応機能、ファイナンスプランニング機能、街づくりや施設計画機能、建物設計機能、相続・節税対応機能、検査・鑑定機能、不動産売買促進機能、アセットマネージメント機能を有しており、不動産鑑定事務所、信用金庫、不動産会社、設計事務所、測量・土地家屋調査会社、インスペクション会社など様々な領域を横断するエキスパートで構成された協議会です。また、一連の機能は地方自治体との綿密な連携により運営されることになります。
建築や不動産問題を解決する上では、街づくりとの連携、相続と節税、各種係争問題など建築や不動産周辺にある諸問題もワンストップで解決していかなければなりません。TSKでは協議会を運営するコアエキスパートメンバーの他に、弁護士、相続を専門とする税理士、司法書士や再開発プランナーと連携することによってワンストップ機能の完結性を高めています。

 

今後は「問題解決型の高性能エンジン」(TSK)を社会に役立てて行きたいと存じますので、皆様方からのご協力を頂きますようご高配の程、宜しくお願い申し上げます。

 

TOKYO住まいと暮らしの相談センター協議会 代表 岩崎 隆

TOKYO住まいと暮らしの相談センター協議会とは

「TOKYO住まいと暮らしの相談センター」協議会は、「平成28年度住宅ストック維持・ 向上促進事業(良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業)に採択された組織です。

住宅ストック維持向上促進事業とは

現在の住宅市場は良質な住宅ストックが適正に評価されず、維持管理・リフォームを行う
インセンティブが働かない悪循環構造にあります。
この問題に対して、住宅ストックの流通を加速させ中古市場を盛り上げるため、住宅を供給
する建築士や住宅事業者・住宅の維持管理を行う検査事業者や瑕疵保険法人・それらを評価
する不動産鑑定士、宅建業者や金融機関 等が連携し、質の高い住宅が適正に評価される
住宅の維持向上・評価・流通・金融等の一体的な仕組みの開発等に国が補助金等で支援
するものです。

TOKYO住まいと暮らしの相談センター協議会メンバー

株式会社加門鑑定事務所
住所
 〒102-0092  東京都千代田区隼町3-19 隼東幸ビル4階  株式会社 加門鑑定事務所
TEL
 03-3512-0887
世田谷信用金庫
住所
 〒154-8581  東京都世田谷区世田谷1-23-3
TEL
 03-3429-1151
かんべ土地建物株式会社
住所
 〒140-0014  東京都品川区大井1-3-6
TEL
 03-3771-1161
株式会社四門
住所
 〒101-0061  東京都千代田区三崎町2-4-1 TUG-Iビル
TEL
 03-3265-2857
株式会社SAITO ASSOCIATES
住所
 〒105-0012  東京都港区芝大門1-10-1 2F
TEL
 03-3432-5995
イッツ・ソリューションズ株式会社
住所
 〒105-0001  東京都港区虎ノ門3-2-7  虎ノ門A2ビル6階
TEL
 03-5733-6971

ホーム サイトマップ